ゆば・とうふ料理 豆梅 タイトル
公式twitter 公式Facebook 公式LinkedIn 公式Instagram 公式Pinterest 公式tumblr

日向薬師(源頼朝も参拝したという日本三大薬師:伊勢原)

日向薬師(源頼朝も参拝したという日本三大薬師:伊勢原)

伊勢原で人気の観光スポット 【日向薬師】をご紹介いたします。

 

日向山霊山寺といわれ、元正天皇(716年)の頃、僧行基によって開創されたと伝えられていて、関東地方では有数の古寺で、日本三大薬師の一つです。

 

かつては、子院12坊を擁する大寺院であったが、明治時代の神仏分離令、さらに、それに伴う廃仏毀釈の影響も受け、現存しているのは、その一坊であった宝城坊のみで、国の重要文化財に指定されています。

 

また、本尊薬師如来三尊像を始め、薬師如来像・阿弥陀如来像・四天王・十二神将なども、国の重要文化財に指定されています。

 

境内にある二本杉は、足利基氏が平和と五穀豊穣を祈って霊山寺に奉納した錦幡を掛けたことから「幡掛け杉」と呼ばれるようになりました。

 

二本杉の推定樹齢は800年で、神奈川県の天然記念物に指定されています。
足利基氏が奉納した「錦幡」とそれを収納する「唐櫃」は、県の重要文化財に指定されています。

 

鎌倉時代の文献には、
「源頼朝の妻・北条政子の安産祈願のために読経をさせた寺院の1つだったこと」
「源頼朝が、娘の大姫の病平癒祈願のため自ら参詣したこと」
の記載があり、霊場として信仰を集めていたことがうかがえます。

 

本堂は、老朽化と虫害のため、2011年1月より5年以上を掛けて大修理が行われましたが、このような大修理が行われるのは、350年振りで、3回目とのことです。

 

現在では、昨今の健康ブームもあり、ハイキングコースとしても人気があり、病気平癒、特に眼病に霊験があるとして信仰も集めていているようです。

 

【電車、バスでのアクセス】
小田急小田原線の伊勢原駅で下車
駅北口の3番バス乗り場より日向薬師行の終点で下車(約20分)

 

【車でのアクセス】
東名高速厚木ICより約30分
国道246号線伊勢原市役所前交差点より約20分

 

【駐車場】
《バス停隣接駐車場(無料)》
境内まで参道を徒歩で約15分登ります。

 

《境内入り口駐車場(無料)》
境内までは徒歩2分程です。

 

日向薬師の《境内入り口駐車場(無料)》
↑日向薬師の境内入り口の駐車場(無料)

 

日向薬師の境内入り口
↑日向薬師の境内入り口

 

日向薬師の境内への道
↑日向薬師の境内への道

 

日向薬師の境内への手水舎
↑日向薬師の手水舎

 

横から見た日向薬師の本堂
↑横から見た日向薬師の本堂

 

正面から見た日向薬師の本堂
↑正面から見た日向薬師の本堂

 

日向薬師の二本杉(幡かけ杉)
↑日向薬師の二本杉(幡かけ杉)

 


↑日向薬師の二本杉(幡かけ杉)

 

日向薬師の裏山
↑日向薬師の裏山

 

 

ページトップへ